SponsoredLink

大人にきびの原因

大人のにきびは10代のころと違って、背中・胸・顎などにできるのだそうです。そして、原因も10代のころはほとんどが過剰な皮脂が原因で、毛穴が詰まったり汚れたりすることでアクネ菌が繁殖し、にきびになっていたのですが、大人にきびの場合は、ストレス、ホルモンのバランスの崩れ、長時間のお化粧、オフィスの乾燥など、さまざまな原因が挙げられます。なので、10代のころは部活の後や遊んだ後、勉強の後に洗顔して、清潔を心がけるだけでにきびの予防・治療になっていたのですが、大人になってからのにきびはそんなに簡単に治らなくなってしまったのです。


大人にきびのできる原因はいくつかあげることができます。ストレスや生活の乱れ・環境の変化、睡眠不足や便秘、ホルモンバランスの乱れ、肌の水分不足による角質層のバリア機能の低下、脂っぽいものや甘いもの・アルコールなどの糖分の多い食事、辛いものなど刺激の多い食事、鉱物油や刺激性の強い成分が含まれる化粧品・ヘアリキッドの使用、洗顔にカルキ(塩素)や化学物質を多く含む水道水を使うことで起きる肌への刺激、運動不足や筋力の低下による、血行不良や新陳代謝の悪さ、婦人病(多嚢胞性卵巣など)といったものがにきびの原因としてあげられるそうです。この1つ1つの原因を見ていくと、気をつけるだけで随分と改善できるものもありそうです。少し気を使うだけで、大人にきびで悩まなくていい人生が送れそうです。

大人にきびのケア方法は?

現代病だとも言えそうな大人にきびの原因は、現代女性の生活パターンが変化して、食生活や睡眠リズムが著しく変わったためだということらしいです。なんと、男性ホルモンの分泌が増加しているなんていう説もあるので驚きです。思春期のホルモンバランスによるものとは性質の違う大人のにきび。過剰な皮脂分泌やお肌の乾燥など、肌そのものがアンバランスになってしまう現代社会の環境です。なるべくニキビを作らないように、生活習慣や食事に気をつけながら、肌ケアを心がけたいものです。


にきびにならないための肌ケア方法は正しいケアを行いたいものです。思春期のにきびと大人のにきびは原因が違うので、思春期時代と同じケアでは、大人にきびのケアにはならないそうです。思春期のにきびの原因は過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まってしまうためなので、こまめに洗顔をすることでにきびの予防や治療ができるとされています。しかし、大人にきびの原因は皮脂だけでなく、メイク残しや過剰なスキンケアもにきびの原因となるとされています。とくに油分を含んだファンデーションは、洗顔だけでは落ちにくいので、クレンジングでしっかりと落とすことが必要です。ただし、洗顔が大事ということで脱脂力の強いクレンジング料や洗顔料でゴシゴシこすったり、パックなどを使いすぎると皮脂を取りすぎてしまうのだそうです。皮脂は肌の潤いを保つ働きがあるので、皮脂を取りすぎると乾燥の原因になって、肌荒れを起こします。それを防ごうと、油分の多いクリームを使うと、それがにきびの原因となり、悪循環です。過剰なスキンケアも問題です。化粧水、乳液、美容液、クリームなど、たくさん塗りたくれば効果があるかというと、そういうわけではありません。過剰なスキンケアは油分の与えすぎになって、にきびの原因です。


肌をいたわるように、優しくケアすること。これが大人にきび解決への近道です。肌をじっと観察して、必要なものを必要なだけ与える。今はいろいろなメーカーから大人にきび用のローションなども出ているそうです。それらを活用するのも一策ですね。

大人にきびにならないようにするには?

大人のにきび対策をするために、にきびの原因を追究して対策を取りましょう。


まず、大人の生活習慣でありがちな、夜更かしや睡眠不足などは、にきび発生の大きな引き金となります。規則正しい生活を心がけましょう。


過度の乾燥や化粧品でのトラブルを避け、肌の水分と油分のバランスを保ちます。エアコンの効いた室内や紫外線、洗浄力の強い石鹸でゴシゴシ洗顔することによって、肌の水分量が不足すると、角質層の役割であるバリア機能が低下し、肌トラブルが起こりやすくなります。また、化粧品でのトラブルを避けるというのは、化粧をすること自体が悪いわけではなく、お化粧を落とさないで眠ってしまう(=長時間お化粧をしたままの状態でいる)ことが肌に負担をかけるのです。注意しましょう。


何かとストレスが溜まりがちな現代社会ですが、ストレスを上手に発散して、気分転換をしましょう。にきびの発生や症状の悪化、再発には精神的関与が大きいそうです。


脂っこい食事やチョコレートなどの甘いもの、お酒は皮脂量が増加し、毛穴を詰まらせる原因になります。控えめにしましょう。その代わり、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な食材を選びましょう。肌の新陳代謝アップの効果があります。


女性は便秘で悩む人が多いといいますが、便秘になると消化された食物が腸内に長く滞留し、分解物が異常発酵して有毒物質を発生するそうです。有毒物質が腸内から吸収されると、にきびが悪化してしまうそうですので、便秘にならないような規則正しい生活を心がけましょう。


そして、肌を清潔に保つことは最も大切です。肌を清潔に保つといっても、ゴシゴシ洗うわけではありません。洗顔は刺激の少ない石鹸を選び、ネットなどでよく泡立てて、泡で顔を包むようにして洗います。そして、すすぎは十分に行いましょう。


日焼け対策もお忘れなく。紫外線はにきびを悪化させる原因となるそうです。