SponsoredLink

にきび治療カテゴリの記事一覧

漢方薬でにきび治療

ニキビには漢方も効果があるそうです。ニキビ治療では、診察する医師の判断にもよりますが、漢方製剤の保険が適用されるようになって以来、使われるようになってきました。漢方のみの治療、西洋療法や各種との薬剤と併用するなど、漢方の使われ方は様々です。


ニキビ治療でよく使われている漢方は清上防風湯(せいじょうぼうふとう)や、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょとう)などは、ニキビ治療によく使われているようです。ニキビは炎症の具合で大きく分けると、非炎症型と炎症型に分けることができて、清上防風湯と荊芥連翹湯は炎症型のニキビに効果があるのだそうです。


漢方は、炎症型のニキビについては、西洋薬と同じくらい効果を発揮するそうです。しかし、非炎症型のニキビには補助的な効果なので、劇的に効くというわけではなさそうです。なお、西洋薬よりも漢方のほうが効果があると言われる場合もありますが、消化系が弱い状態のときや痩せ型の人の場合、効き目の穏やかな漢方のほうが体にやさしく、優れているということらしいです。治療方針として、ニキビ治療の初期段階に西洋薬で治療して一気にニキビを撃退し、その後で漢方に切り替えて体質を改善していくという方法も試されているようです。


清上防風湯(せいじょうぼうふとう)は、中国の医学書「万病回春」に収載されている漢方で、上半身、特に顔面に生じた充血性のニキビに効果を発揮する、代表的な治療薬です。


荊芥連翹湯(けいがいれんぎょとう)もニキビの治療薬として有名な漢方薬です。この漢方薬は、ニキビ治療だけではなく、アレルギー体質の人の耳・鼻・咽喉や皮膚疾患、また清熱、和血、解毒作用によって諸症状を改善します。つまり、にきびだけではなく、蓄膿症や慢性鼻炎、扁桃腺炎にも効果がある薬です。


他にも当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)などがニキビ治療で代表的な漢方薬です。自分にあった漢方を処方してもらって、ニキビ治療ができるといいですね。

にきび跡はどうやって治す?

ニキビができやすい部分は、皮脂が多く分泌される部分だそうです。皮脂が多く分泌されればされるほど、ニキビになりやすいということですね。ニキビができる仕組みは、皮脂が分泌される毛穴が詰まって、詰まった毛穴の中に皮脂や角質、汚れが溜まります。この汚れが溜まった状態が黒にきびといわれるものです。そして、何度も同じ場所ににきびを繰り返すと、皮膚の表面が硬くデコボコの状態になってしまいます。これが白にきびです。にきびが気になるからといって、潰してしまうと、にきび跡として残ってしまうのです。


皮膚には色々な役目がありますが、その中でも一番大きな役目は、色々な有害物質から体を守るということがあります。そのため、ニキビという刺激が何度も繰り返されると、皮膚は刺激から身を守ろうとして暑く硬くなるのです。これがニキビ跡となってしまうのです。このニキビ跡で悩む人は少なくなく、思春期は特に見た目を気にする年齢なので、精神的にも良くありません。よく、ニキビ跡を何とかしたいと、ゴシゴシこすって取ろうとしますが、それは逆効果で、ますます皮膚は硬くなって、ニキビ跡がひどくなってしまうのです。


ニキビ跡の治療で大切なことは、そもそものニキビを作らないことにあります。ニキビ自体は治っても、ニキビ跡は一生残ってしまうかもしれないからです。にきび跡は専門家の治療でも完治させることは非常に困難な場合が多いそうです。


ニキビ跡の種類は、クレーターのようにデコボコしているもの、シミのように色素沈着して赤っぽくなったニキビ跡があります。クレーターのようになってしまうと、治療は難しく、唯一、クレーターのようなニキビ跡を治療できるというケミカルピーリングは、浅い場合のみ有効だということです。深いクレーター状になってしまうと、通常のピーリングよりももっと深いピーリングが必要になってしまいますが、日本人は概して肌が弱いので、副作用が心配です。ケミカルピーリング治療に慣れた医者を選ぶことが大切になると思われます。


ニキビ跡として、比較的軽い症状である赤っぽいニキビの場合は、やさしい洗顔や、負担がかからない化粧を心がけることが大切です。熱いお湯や冷たい水は刺激になってしまうので、ぬるま湯を使って、やさしく洗顔しましょう。