SponsoredLink

大人にきびの原因

大人のにきびは10代のころと違って、背中・胸・顎などにできるのだそうです。そして、原因も10代のころはほとんどが過剰な皮脂が原因で、毛穴が詰まったり汚れたりすることでアクネ菌が繁殖し、にきびになっていたのですが、大人にきびの場合は、ストレス、ホルモンのバランスの崩れ、長時間のお化粧、オフィスの乾燥など、さまざまな原因が挙げられます。なので、10代のころは部活の後や遊んだ後、勉強の後に洗顔して、清潔を心がけるだけでにきびの予防・治療になっていたのですが、大人になってからのにきびはそんなに簡単に治らなくなってしまったのです。


大人にきびのできる原因はいくつかあげることができます。ストレスや生活の乱れ・環境の変化、睡眠不足や便秘、ホルモンバランスの乱れ、肌の水分不足による角質層のバリア機能の低下、脂っぽいものや甘いもの・アルコールなどの糖分の多い食事、辛いものなど刺激の多い食事、鉱物油や刺激性の強い成分が含まれる化粧品・ヘアリキッドの使用、洗顔にカルキ(塩素)や化学物質を多く含む水道水を使うことで起きる肌への刺激、運動不足や筋力の低下による、血行不良や新陳代謝の悪さ、婦人病(多嚢胞性卵巣など)といったものがにきびの原因としてあげられるそうです。この1つ1つの原因を見ていくと、気をつけるだけで随分と改善できるものもありそうです。少し気を使うだけで、大人にきびで悩まなくていい人生が送れそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5558245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック