SponsoredLink

大人にきびのケア方法は?

現代病だとも言えそうな大人にきびの原因は、現代女性の生活パターンが変化して、食生活や睡眠リズムが著しく変わったためだということらしいです。なんと、男性ホルモンの分泌が増加しているなんていう説もあるので驚きです。思春期のホルモンバランスによるものとは性質の違う大人のにきび。過剰な皮脂分泌やお肌の乾燥など、肌そのものがアンバランスになってしまう現代社会の環境です。なるべくニキビを作らないように、生活習慣や食事に気をつけながら、肌ケアを心がけたいものです。


にきびにならないための肌ケア方法は正しいケアを行いたいものです。思春期のにきびと大人のにきびは原因が違うので、思春期時代と同じケアでは、大人にきびのケアにはならないそうです。思春期のにきびの原因は過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まってしまうためなので、こまめに洗顔をすることでにきびの予防や治療ができるとされています。しかし、大人にきびの原因は皮脂だけでなく、メイク残しや過剰なスキンケアもにきびの原因となるとされています。とくに油分を含んだファンデーションは、洗顔だけでは落ちにくいので、クレンジングでしっかりと落とすことが必要です。ただし、洗顔が大事ということで脱脂力の強いクレンジング料や洗顔料でゴシゴシこすったり、パックなどを使いすぎると皮脂を取りすぎてしまうのだそうです。皮脂は肌の潤いを保つ働きがあるので、皮脂を取りすぎると乾燥の原因になって、肌荒れを起こします。それを防ごうと、油分の多いクリームを使うと、それがにきびの原因となり、悪循環です。過剰なスキンケアも問題です。化粧水、乳液、美容液、クリームなど、たくさん塗りたくれば効果があるかというと、そういうわけではありません。過剰なスキンケアは油分の与えすぎになって、にきびの原因です。


肌をいたわるように、優しくケアすること。これが大人にきび解決への近道です。肌をじっと観察して、必要なものを必要なだけ与える。今はいろいろなメーカーから大人にきび用のローションなども出ているそうです。それらを活用するのも一策ですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5558242
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック