SponsoredLink

漢方薬でにきび治療

ニキビには漢方も効果があるそうです。ニキビ治療では、診察する医師の判断にもよりますが、漢方製剤の保険が適用されるようになって以来、使われるようになってきました。漢方のみの治療、西洋療法や各種との薬剤と併用するなど、漢方の使われ方は様々です。


ニキビ治療でよく使われている漢方は清上防風湯(せいじょうぼうふとう)や、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょとう)などは、ニキビ治療によく使われているようです。ニキビは炎症の具合で大きく分けると、非炎症型と炎症型に分けることができて、清上防風湯と荊芥連翹湯は炎症型のニキビに効果があるのだそうです。


漢方は、炎症型のニキビについては、西洋薬と同じくらい効果を発揮するそうです。しかし、非炎症型のニキビには補助的な効果なので、劇的に効くというわけではなさそうです。なお、西洋薬よりも漢方のほうが効果があると言われる場合もありますが、消化系が弱い状態のときや痩せ型の人の場合、効き目の穏やかな漢方のほうが体にやさしく、優れているということらしいです。治療方針として、ニキビ治療の初期段階に西洋薬で治療して一気にニキビを撃退し、その後で漢方に切り替えて体質を改善していくという方法も試されているようです。


清上防風湯(せいじょうぼうふとう)は、中国の医学書「万病回春」に収載されている漢方で、上半身、特に顔面に生じた充血性のニキビに効果を発揮する、代表的な治療薬です。


荊芥連翹湯(けいがいれんぎょとう)もニキビの治療薬として有名な漢方薬です。この漢方薬は、ニキビ治療だけではなく、アレルギー体質の人の耳・鼻・咽喉や皮膚疾患、また清熱、和血、解毒作用によって諸症状を改善します。つまり、にきびだけではなく、蓄膿症や慢性鼻炎、扁桃腺炎にも効果がある薬です。


他にも当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)などがニキビ治療で代表的な漢方薬です。自分にあった漢方を処方してもらって、ニキビ治療ができるといいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5558237
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック