SponsoredLink

大人にきびにならないようにするには?

大人のにきび対策をするために、にきびの原因を追究して対策を取りましょう。


まず、大人の生活習慣でありがちな、夜更かしや睡眠不足などは、にきび発生の大きな引き金となります。規則正しい生活を心がけましょう。


過度の乾燥や化粧品でのトラブルを避け、肌の水分と油分のバランスを保ちます。エアコンの効いた室内や紫外線、洗浄力の強い石鹸でゴシゴシ洗顔することによって、肌の水分量が不足すると、角質層の役割であるバリア機能が低下し、肌トラブルが起こりやすくなります。また、化粧品でのトラブルを避けるというのは、化粧をすること自体が悪いわけではなく、お化粧を落とさないで眠ってしまう(=長時間お化粧をしたままの状態でいる)ことが肌に負担をかけるのです。注意しましょう。


何かとストレスが溜まりがちな現代社会ですが、ストレスを上手に発散して、気分転換をしましょう。にきびの発生や症状の悪化、再発には精神的関与が大きいそうです。


脂っこい食事やチョコレートなどの甘いもの、お酒は皮脂量が増加し、毛穴を詰まらせる原因になります。控えめにしましょう。その代わり、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な食材を選びましょう。肌の新陳代謝アップの効果があります。


女性は便秘で悩む人が多いといいますが、便秘になると消化された食物が腸内に長く滞留し、分解物が異常発酵して有毒物質を発生するそうです。有毒物質が腸内から吸収されると、にきびが悪化してしまうそうですので、便秘にならないような規則正しい生活を心がけましょう。


そして、肌を清潔に保つことは最も大切です。肌を清潔に保つといっても、ゴシゴシ洗うわけではありません。洗顔は刺激の少ない石鹸を選び、ネットなどでよく泡立てて、泡で顔を包むようにして洗います。そして、すすぎは十分に行いましょう。


日焼け対策もお忘れなく。紫外線はにきびを悪化させる原因となるそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5558234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック